保険金の受け取りは、誰にする?

 

 死んだ時の保険金の受取人って、いったい誰にしている?

 誰でも、受取人に指定して良いわけじゃないみたいだよ。

 保険金の受取人は、保険会社によって、ちょっと違うけど、基本的には『親族』・『配偶者および二親等以内の血族』。

 保険会社によっては、婚約者や内縁関係の相手など、『親族以外の第三者』を受取人として認めてくれる場合もあるらしい。

 ちなみに、保険金の受取人は、保険の契約をした後でも変更が可能なので、ライフスタイルに合わせて、受取人を変えることが出来る。

 ただし、関係性によって、受け取る保険にかかる税金の金額というか税率が違う。

 一番税金が少なく済むのは、保険の契約と保険の対象者(被保険者)が同一人物で、配偶者が保険の受取人の場合。

 え、意味がわからない?

 AさんとBさんが夫婦で子供がCちゃんだった場合、Aさんに本人が保険をかけて、Bさんを保険の受取人に指定していた場合、保険金は相続税になり、これが一番税率が低い。

 AさんにBさんが保険金をかけて、Bさんが保険の受取人の場合、保険金は所得税になる。

 
 AさんにBさんが保険金をかけて、Cちゃんが保険の受取人の場合、保険金は贈与税の対象になる。

 税率は、相続税<所得税<贈与税。

 
 
生命保険はこうして選びなさい新版

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)