個人保険料の控除・平成24年年末調整の変更点

 

 今年も年末調整の時期。

 今年の年末調整で大きく変わった点は、1、生命保険料控除・2、 「納期の特例」の承認を受けている源泉徴収義務の納期限の変更・3、 自動車などの交通用具を使用して通勤する人が受ける通勤手当の非課税限度額の変更の3点。

?

本日は、生命保険料控除の変更の話。

?

[スポンサーリンク]

生命保険料控除が改組され、合計適用限度額が12万円とされた。

1)平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る控除
イ 平成24年1月1日以後に生命保険会社又は損害保険会社等と締結した保険契約等(以下「新契約」といいます。)のうち介護(費用)保障又は医療(費用)保障を内容とする主契約又は特約に基づいて支払った保険料等(以下「介護医療保険料」といいます。)について、介護医療保険料控除(適用限度額4万円)が設けられました。
ロ 新契約に係る一般生命保険料控除及び個人年金保険料控除の適用限度額は、それぞれ4万円とされました。
ハ 上記イ及びロの各保険料控除の控除額の計算は次の表のとおりとされました。

支払った保険料の金額 控除額 
20000円以下 支払った保険料の全額 
20001円から40000円まで 支払った保険料等の金額の合計額×1/2+10000円 
40001円から80000円まで 支払った保険料等の金額の合計額×1/4+20000円 
80001円以上 一律40000円 

ニ 新契約については、主契約又は特約それぞれの保障内容に応じ、その保険契約等に係る支払保険料等を各保険料控除に適用することとされました。

?

?

2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る控除

 平成23年12月31日以前に生命保険会社又は損害保険会社等と締結した保険契約等(以下「旧契約」といいます。)については、従前の一般生命保険料控除及び個人年金保険料控除(それぞれ適用限度額5万円)が適用され、各保険料控除の控除額の計算はそれぞれ次の表のとおりとなります。

支払った保険料の金額 控除額 
25000円以下 支払った保険料の全額 
25001円から50000円まで 支払った保険料等の金額の合計額×1/2+12500円 
50001円から100000円まで 支払った保険料等の金額の合計額×1/4+25000円 
100001円以上 一律50000円 

?

?

3)新契約と旧契約の両方について保険料控除の適用を受ける場合の控除額の計算

 新契約に基づく保険料等と旧契約に基づく保険料等の両方の支払について一般生命保険料控除又は個人年金保険料控除の適用を受ける場合には、上記.ロ及び.にかかわらず、一般生命保険料控除又は個人年金保険料控除の控除額は、それぞれ次に掲げる金額の合計額(上限4万円)とされました。
イ 新契約に基づいて支払った保険料等につき、上記.ハの計算式により計算した金額ロ 旧契約に基づいて支払った保険料等につき、上記.の計算式により計算した金額。

?

?

 要するに介護に関する保険料の控除が新設され、それぞれ控除額が変更になったということかな。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)