共済と保険はどう違う?

 

 保険と似ているサービスに共済ってのがある。

 JA共済、全労済、都道府県民共済、CO・OP共済が有名だよね。

 保証の内容は、民間の保険そのもの。

 生命保険・医療保険・子供保険・自動車保険・家に関する保険など全部、共済と名の付くものがある。

 でも、同じような保障内容なら、共済のほうが掛け金が少ないことが多い

 あと、余った掛け金は年度ごとに『割戻金』として組合員に返還され、戻ってくることが多いみたい。

 いざという時の保険金の支払いも迅速だったりする。 

 なぜ、掛け金が戻ってきたり、掛け金が安いのに、民間の保険と同じ様な保障が出来るのか?

 共済って言うのは、組合員の相互扶助システムだから、営利を目的としないことになってるせい。

 ただし、共済と契約するには組合員になる必要がある。

 大変魅力的なシステムなのだ。

 《共済のデメリット》

 共済のデメリットというと、保障金額があまり多くないこと。

 民間の保険は、支払う保険料を多くすれば、いざという時もらえる保障料を多くすることが可能だが、共済の場合は、上限が決まっている。

 もっとも、それも、共済によって、それぞれ違うけど。

 億単位の保障を望まないのであれば、共済で十分だったりして。

 ちなみにおいらはJAの自動車共済に入ってます。

 
JA共済のホームページはこちら

全労済のホームページはこちら

都道府県民共済のホームページはこちら

CO・OP共済のホームページはこちら

共済についてもっと知りたい人は、JA共済と県民共済の上手な使い方入っていい生命保険、いけない生命保険

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)