犯罪被害者給付制度/犯罪に巻き込まれてしまったら

 

 犯罪には巻き込まれないのが一番いい。

 が、万が一犯罪に巻き込まれて、被害者になってしまった場合の救済制度ってどんなもんがある?

 例えば、お金に関して言えば、犯罪被害者給付制度と言うのが有るらしい。

[スポンサーリンク]

犯罪被害者給付制度の給付条件

 日本国内、または日本国外にある日本船舶・航空機内において行われた人の生命・身体を害する罪にあたる行為(過失犯を除く。)による死亡、重傷病、または障害が支給対象。

 日本国籍を有する人、または日本国内に住所を有する人。

 外国人であっても当該被害の原因となった犯罪行為が行われた時において、日本国内に住所を有していた人については支給の対象になる。

犯罪被害者給付制度の給付の種類

遺族に、支給される遺族給付金。

被害者本人に、支給される重傷病給付金

被害者本人に、支給される障害給付金。

 の3種類。

犯罪被害者給付制度の給付の金額と内容

遺族給付金

 金額は320万円~2,964.5万円

 亡くなられた被害者の第一順位の遺族

1.配偶者

2.被害者の収入によって生計を維持していた被害者の子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹

3.上の2に該当しない・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹 
※死亡前の療養費の保険診療における自己負担分と休業損害を考慮した額を合算した額を支給する  (1年間限度)

重傷病給付金

 負傷・疾病から1年間の保険診療による医療費の自己負担部分と休業損害を考慮した額を合算した額(上限額120万円)。

 ?犯罪行為によって重傷病 加療一か月以上かつ入院3日以上を要する負傷または疾病を負った被害者本人(精神疾患については3日以上労務に服することができない程度の疾病)に給付される。

障害給付金

 18万円~3,974.4万円法令に定める障害等級(14級~1級)による。

犯罪被害者給付制度の申請窓口

 都道府県公安委員会に申請。

 受付は、各都道府県警察本部および最寄の警察署。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)