高年齢者雇用継続給付で楽して、お徳

 

 高齢者の雇用継続給付という制度を使うと、楽して、お金がもらえるかもしれない。

 高年齢者雇用継続給付という物が雇用保険から給付されることになっているのだ。

 

 この、高年齢者雇用継続給付、なかなかお得な制度なので、覚えておこう。

 


[スポンサーリンク]

高年齢雇用継続給付の支給条件

  60歳まで働いてきた人が、60歳まで働いていたのと同じ職場で、働くことになり、賃金が75%未満になってしまったときに雇用保険から給付金が支給

 

高年齢雇用継続給付でもらうことのできるお金の種類

1、高年齢雇用継続基本給付金

 高年齢雇用継続基本給付金の支給条件

 60歳前からの同一企業で働く場合。

 各月の賃金が344,209円を超える場合は支給されない。

 雇用保険の被保険者期間が通算5年(断続している場合には、間が1年未満で連続)以上ある。

 支給金額・期間

 60歳から65歳になるまでの間、毎月要件に合う月に、賃金の最大15%が支給。

 

2、高年齢再就職給付金

 高年齢再就職給付金の支給条件

 他の企業で再就職する場合 

 支給金額・期間

 60歳以後の就職した日の属する月(就職日が月の途中の場合、その翌月)から、1年又は2年を経過する日の属する月まで。

 ただし65歳に達する月が限度。

 


 これだけ見ていると、たいしたメリットを感じない。

 

 が、実は、年金との兼ね合いで、メリットが生じることもあるのである。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)