出産育児には雇用保険と健康保険 からお金が出ます

 

 出産育児には、雇用保険の育児休業給付・育児休業者職場復帰給付金だけでなく、健康保険からもお金が出る。

[スポンサーリンク]

国民健康保険

・出産育児一時金として42万円。

*東京都の場合の一例

 

 サラリーマンなどの入る全国健康保険協会(協会健保)

・出産育児一時金:42万円

・出産手当金:出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産の予定日)以前42日目(双子以上の場合は98日目)から、出産の日の翌日以後56日目までの範囲内で仕事を休んだ期間について支給(事業主から報酬が受けられないとき)。

 出産育児一時金:42万円は、配偶者にも支給される。

 

 と言うわけで、出産育児に関しては、雇用保険・健康保険双方からお金が受け取ることができるわけ。

 

 ちなみに、雇用保険の育児休業給付は1歳2か月(例外あり)まで、休業開始時賃金日額×支給日数の40%(当分の間は50%)相当額。

 

 雇用保険の育児休業者職場復帰給付金は給料の1割相当額×休んだ月数分(最長10ヶ月)。

 

 育児休業給付・育児休業者職場復帰給付金の細かい条件などについては、過去記事・育児休業基本給付金と育児休業者職場復帰給付金もみてね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)