医療用原料に、死体の闇取引1体いくら

 

 以前、臓器移植はいくらかかるかって話を書いたんだけど、今日、ちょっと驚いたニュースを見つけたので皆さんにもご披露。

 なんと、臓器だけでなく、全身の組織がやみ売買されていて、その闇売買が非常に盛だって話。

 

 ”死体から皮膚や骨、腱(けん)などの組織を集め、歯科インプラントや美容形成、スポーツ医療用製品の原材料として国際的に取引されている。”

 

 ”人体組織の取引を監視する法律がないため、出所のはっきりしない死体組織をめぐる感染症被害の危険性を指摘する声もある。”

 

 そうだ。

 

 臓器移植用の臓器の売買の中には、インプラントの原材料にまでなっているものがあるのか。

 

 して、その取引額は?

 

 病気のなかった死体は、1体8万~20万ドルなんだってさ。

 

 日本円にして、1ドル80円、1体8万ドルなら6 ,400 ,000円(640万円)。

 

 需要が多いってのは確からしい。

 

 もしかして、国によっては、一生暮らしていけるくらいの値段なのかも。

 

 もっと詳しい内容を知りたい人は、朝日デジタルのホームページにどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)