サラリーマンの特権、健康保険の傷病手当金はどんな場合にもらうことができる?

 

 全国健康保険協会管掌健康保険(旧政府管掌健康保険)から給付のひとつ、傷病手当金は数少ない国民健康保険にはないサラリーマンだけの給付。

?

 傷病手当金ってどんなものなんだろう?

 そして、どんな利点があるの?


[スポンサーリンク]

傷病手当金の支給要件

1.病気、ケガの療養中であること(自宅療養でもOK)

2.療養のため仕事につけないこと

3.給料が支払われないこと
  (給料の一部が支払われる場合は、傷病手当金との差額が支給)

4.4日以上連続して仕事を休んだ場合、4日目から1年6ヶ月まで(3日間は待機期間)

?


傷病手当金申請のために必要な手続きなど

1、医師による診断書

2、健康保険証

3、傷病手当記入用紙
 健康保険証の保険者の欄に記載されている場所へ請求する。
 医師の記入の欄と本人の記入の欄がある。

1と3を記入したら会社の総務に提出。

?


傷病手当金でもらえる金額

「標準報酬日額」の3分の2。

?

 健康保険の傷病手当金は、病気で給料がもらえなくなったときの強い味方。

 ちなみに、退職した場合でも要件さえ満たせば、継続して傷病手当金はもらえるのだそうだ。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)