養子縁組ができる条件

 

 普通養子と特別養子の場合、戸籍の記載や相続以外にも色々と違いがある。

 例えば、養子にできる条件。

 普通養子と言えども、無条件で養子縁組ができると言うわけではないのだが・・・。

 特別養子の条件は大変厳しい。

[スポンサーリンク]

普通養子縁組ができる条件

普通養子縁組の養親の条件

成年に達していること。

養子よりも年長者。

単身(独身)でも普通養子縁組は可能。

普通養子縁組の成立要件

養親と養子の契約(同意)で整う(実の親の同意は必ずしも必要ない。

子ども(15才未満)の場合は実親が法定代理人となって契約する。

特別養子縁組が成立する条件

養子となる子が6才未満であること。

 特別養子縁組が成立するためには、養子となる子供が6歳未満であることが条件。

 ただし、6才未満から養親に引き取られ養育された8才未満の子どもも特別養子とすることが可能。

特別養子縁組の養親の条件

 養親は夫婦(婚姻関係)でなければならず、少なくとも片方が25才以上でもう片方が20才以上でなければならない。

実親の同意が必要

 特別養子縁組をする場合には、養子となる子供の実の親の同意が必要。

 ただし、実父母が行方不明である場合などは実母の同意はなくても成立する。

特別養子縁組にはお試し期間と家裁の審判が必要

 特別養子縁組には6カ月の試験養育期間後、家庭裁判所が審判で認める。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)