養子縁組と戸籍の記載

 

 養子縁組すると、さて戸籍上はどのように記載される?

 戸籍上の記載も、特別養子と普通養子では違うんだそうだ。


[スポンサーリンク]

普通養子の戸籍の記載

 1. 氏名
2. 出生の年月日
3. 戸籍に入つた原因及び年月日
4. 実父母の氏名及び実父母との続柄
5.
養子であるときは、養親の氏名及び養親との続柄

 と言うわ

 養子縁組すると、さて戸籍上はどのように記載される?

 戸籍上の記載も、特別養子と普通養子では違うんだそうだ。

普通養子の戸籍の記載

1. 氏名

2. 出生の年月日

3. 戸籍に入つた原因及び年月日

4. 実父母の氏名及び実父母との続柄

5. 養子であるときは、養親の氏名及び養親との続柄  

 と言うわけで、普通養子の場合、戸籍上には、実の親の名前と養い親の名前、続柄が記載される。

 ちなみに、但し書きには「養子(養女)となる届け出・・」と書かれる。

特別養子の戸籍の記載

養親だけが記載される。  

但し書きには「民法817条の2による裁判確定・・」と書かれる。

けで、普通養子の場合、戸籍上には、実の親の名前と養い親の名前、続柄が記載される。

 

 ちなみに、但し書きには「養子(養女)となる届け出・・」と書かれる。


特別養子の戸籍の記載

 養親だけが記載される。

 但し書きには「民法817条の2による裁判確定・・」と書かれる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)