普通養子と特別養子の相続

 

 養子縁組にも普通養子と特別養子というものがある。

 普通養子であるか特別養子であるかによっては、相続の取り扱いに違いがあるようだ。

 今回は普通養子と特別養子の相続についてちょっと調べてみた。

[スポンサーリンク]

普通養子と相続

普通養子の場合、実の親との親子関係は存続する。

実の親の相続人にもなりうるし、養子先の相続人にもなりうる。

普通養子の場合、法定相続人になることができる養子は、、実子がある場合には1人、実子がない場合には2人までとされている。

養子が死亡した場合、養い親も実の親も、養子の財産の相続人となりうる。

孫を養子にした場合、相続税が2割加算される。

 のだそうだ。

特別養子と相続税

特別養子の場合、実の親との親子関係は、養子縁組時点で消失する。

特別養子は、実の親の財産は相続できない。

特別養子の場合は、実施と同様の扱いとなるので、相続税上の法定相続人としての人数制限がない。

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)