東大阪市の職員約30人の親族が生活保護を受給

 

 大阪府東大阪市の職員約30人の親族が生活保護を受給していたことが発覚.

 東大阪市に何人の職員がいるのか、親族の範囲がどの程度までなのかは不明だが。

 もし、親族が親や兄弟だとすれば、ずいぶん多い数のような気がする。

 

 市ぐるみで、職員親族の生活保護受給を薦めていた様に見える。

 

 東大阪市によると、昨年4月現在、一般行政職員(平均42・8歳)の手当を除いた平均給料は約33万円。

 大卒の採用10年では約27万円、同20年で約34万円。これに時間外などの手当を含めると、10万円前後増えるという。

 

 市の関係者は一般論としたうえで、「住宅ローンを抱え、子供が高校や大学に進学する時期だと生活は楽ではない」と指摘しているそうだ。

 

 なんだか、お笑い芸人と変わんないレベルのいいわけだ・・・。

 

 やっぱり、親には生活保護を受給させて、自分は住宅ローンで家を買って資産形成するこれが正しい生活保護の活用術だってことらしい。

 

 大阪の生活保護受給者が日本一になるわけだ・・・。

コメント一覧

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)