外貨投資初心者には外貨建てMMFがお勧め

 

 外貨建てMMFは投資信託の一種。

 

 運用する会社によって、利回りが違ってくる。

 

 安全性は基本的に高い。

 

 証券会社によっては、複数の運用会社の外貨建てMMFを取り扱っている場合もある。

 

 大手証券会社のほうが、取り扱い本数が少ない場合が多い。

 

 大手証券よりもネット証券の方が取り扱いの本数が多い。

 

 預金保護の対象にはならないが、外貨預金やFXも預金保護の対象にならないので特に外貨建てMMFのデメリットとはいえない。

 

 FXはレバレッジを効かせない場合、投資金額は1回数十万単位、外貨預金も定期預金の場合、1回の投資金額は外貨MMFよりも大きくなる。

 

 外貨に投資してみようと思う初心者は、外貨建てMMFからはじめるのが一番1回の投資額が少なく済むので手をつけやすいのではないかと思う。

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)