外貨建てMMFは外貨定期預金よりも使い勝手がいい

 

 外貨に投資する金融商品のひとつ、外貨建てMMF(外貨MMF)。

 

 外貨建てMMFは、外貨定期預金と似ているが、こちらは投資信託。

 

 でも、外貨定期預金よりも外貨建てMMFのほうが使い勝手が良かったりする。


外貨建てMMFの特徴

1、外貨定期預金と同程度か外貨定期預金よりも高めの金利(利回り)。

2、外貨定期預金と違い、いつでも換金が可能。

3、安全性は外貨定期預金とほとんど同じくらい。

4、最低購入金額が外貨定期預金より少ないため手軽に投資できる。
 外貨建てMMFは1500円程度から投資ができる。

5、為替手数料は外貨定期預金よりも少なく済む場合が多い。

6、売却時の利益については非課税。

7、外貨定期預金に比べると取り扱い通貨が少ない。


 大体、ネットバンクの外貨定期預金の為替手数料と大手証券会社の外貨建てMMFの為替手数料が同程度と言う場合が多いようだ。

 

 ネット証券の外貨建てMMFの為替手数料は、ネットバンクの外貨定期預金よりも安い場合が多い。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)