外貨預金の税金

 

 外貨預金にも税金がかかる。

 外貨預金の場合、税金のかかり方がちょっと日本円の預金とは違うので注意が要る。


外貨預金の税金

 

1、通常の利息に関する税金

 外貨預金の利息には、所得税15%、地方税5%の合計20%がかかる。
 源泉徴収されるので、特に意識することなく自動的に利息から税金分が差し引かれることになる。
 要は、日本円の利息と同じ扱い。

 

2、為替差益にかかる税金

 為替レートによる差額で利益が出た場合の税金は、総合課税の雑所得。
 基本的には、確定申告で申告する。

 この場合、年収2,000万円以下の給与所得者で、差益を含めた給与以外の所得や退職所得以外の所得が為替差益を含め年間20万円以下であれば申告をしなくても良い(税金を支払う必要がない)。

 マイナスが生じたときは、他の雑所得と損益通算することができる。 
 ただし、雑所得以外の所得との損益通算はできないのでご注意。


 要は外貨預金の金利の利息は、日本円の定期預金の利息と同じ扱い。

 

 一方為替による利益は、FXなどと同じ扱い。 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)