外貨預金の交換手数料は外貨投資の利益を圧迫する

 

外貨預金に限らないが、外貨での投資は為替レートと交換手数料と言うものが存在する。

 為替レートは、銀行各社で変わりは無いが、交換手数料は銀行によって大差がある。

 また、取り扱う通貨によっても金額が違う。


外貨預金の交換手数料の種類

・TTSレート⇒日本円から外貨に替えるレート

・TTBレート⇒外貨から日本円に替えるレート

 

 TTSレートとTTBレートの差は往復の為替手数料に相当する。


 基本的に、大手の銀行よりネットバンクのほうが、為替の交換手数料が安い場合が多い。

 また、金利の高い国の通貨は交換手数料が高く、金利の低い国の通貨は交換手数料が低い場合が多い。

 

 てなわけで、外貨に通しする場合、為替レートの問題だけでなく、交換手数料によって利益を圧迫することもあるのでご注意。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)