外貨預金にも『定期預金』と『普通預金』があるんです

 

最近、どこの銀行も力を入れているのが外貨預金。

 日本の低金利に比べると、まだまだ外国の通貨のほうが金利が高い。

 と言うことで、人気が有る(?)。

 最近では、取り扱う外貨の種類も増えてきて、ドル・ユーロだけでなく、あちこちの通貨を外貨預金で投資できるようになってきている。

 ちなみに、一言で外貨預金といっても普通外貨預金と定期外貨預金の二通りの外貨預金が有るので注意が必要。


外貨預金の種類

普通外貨預金
 円建ての普通預金と同じ。
 いつでも預金でき、解約もできる。

 

定期性外貨預金
 定期預金の外貨版。
 途中解約にはペナルティがつく。


 外貨に投資する場合、為替差益のほか、為替手数料がかかったりもするので、『金利が日本円に比べて高い』と言うだけで、飛びつくのはよろしくない。

 

 また、外貨預金は『預金』といっても、預金保険制度の保護対象外であることもお忘れなく。

 要するに、預金といっても元本保証ではないと考えておけば間違いない。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)