パート・アルバイトの雇用保険加入資格

 

パートタイム労働者の雇用保険加入はどうなってるんだろう。

 パートタイム労働者やアルバイトは、「短時間労働被保険者」といわれている。

 ちなみに、正社員の場合は「一般被保険者」と言われる。


パートタイマー・アルバイトの雇用保険加入条件

(1) 31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること

 具体的には、次のいずれかに該当する場合をいいます。

・期間の定めがなく雇用される場合
・雇用期間が31日以上である場合

・雇用契約に更新規定があり、31日未満での雇止めの明示がない場合

・雇用契約に更新規定はないが同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上雇用された実績がある場合 
 *
当初の雇入時には31日以上雇用されることが見込まれない場合であってもその後、31日以上雇用されることが見込まれることとなった場合には、その時点から雇用保険が適用されます。

 以前は、1年以上の雇用が条件だったようだが、改正された模様。
 ・厚生労働省のパートタイマーの雇用保険加入についてのHPはこちら

(2) 1週間の所定労働時間が20時間以上であること。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)