生活保護の検診命令とは?

 

  生活保護受給者の検診命令とはどんなもの?

 生活保護における検診命令と言うのは、われわれの健康診断とはちょっと違う。


検診命令の目的

1、保護の要否又は程度の決定に当たって稼働能力の有無の判定。
2、障害者加算その他の認定に関し検診が必要と認められるとき。

3、医療扶助の決定をしようとする場合に,要保護者の病状に疑いがあるとき。

4、医療扶助による給付を受けている者につき当該給付の継続の必要性について疑いがあるとき。

5、介護扶助の実施にあたり,医学的判断を要するとき
6、医療扶助の適用を受けている者の転退院の必要性の判定を行うにつき,検診が必要と認められるとき。

7、自立助長の観点から健康状態を確認する必要があるとき。

 

 要するに、検診命令が出されるのは、生活保護の判定のために、健康状態を調べる必要がある場合。


検診命令の費用・手続き

 生活保護の検診命令は、基本的には、公費負担。

 要するに、無料。

 

 福祉事務所からの検診命令の指示→福祉事務所で「検診命令書」「検診依頼書」「診断料請求書」を受け取り、指定の病院で検診を受ける。
 


検診命令で、自費負担が生じる場合

 検診命令の自己負担は無料だが、申請者が生活保護の医療扶助を受ける前に、検診以外に診療行為を受けた場合については、本人負担額を病院窓口で支払う必要がある。
 が、生活保護の申請が通れば、負担した自己負担いついては、さかのぼって医療扶助として全額が生活保護から負担され、自己負担分が還ってくる。

 また、「検診依頼書」「診断料請求書」が病院窓口に提出していないと、福祉事務所に病院側が費用を請求できないため、自己負担を請求されることがある。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)