生活保護受給者の医療機関受診のシステム

 

 生活保護の医療費は、医療費の自己負担も健康保険の保険料も当然負担なしのただだ。

 生活保護受給者医療医療扶助と言う制度で運用されている。


生活保護受給者の医療扶助とは?

 ・けがや病気で医療を必要とするときに行われる援助。

 ・原則現物支給(投薬、処置、手術、入院等の直接給付)。

 ・基本的には指定された医療機関での受診だが、場合によっては、指定外の医療機関でもOK。

 ・予防接種などは医療扶助の対象とならない(検診命令として、検診の費用は出るまた、予防接種については、市町村負担で自己負担なしで摂取できるケースが大半)。

 ・健康保険に加入している人は、健康保険料は生活保護受給の認定のための収入に含めない。

と医療扶助について書いてみたものの、意味がよくわからない言葉が多いね。

 ちょっとわかりにくい部分を解説してみよう。


生活保護受給者の医療機関受診のシステム

  1. 1, 緊急性のない生活保護受給者の医療機関外来受診の場合
     まず、福祉事務所に相談する。
     その後、医療券が福祉事務所から出されるので、その医療券を持って、指定の医療機関の外来に受診する。

  2. 2,緊急性のある医療機関外来受診の場合
     救急隊や医療機関窓口で、生活保護受給者であることを伝える(生活保護受給者証を提示する)。
     受診後、病院から福祉事務所に連絡があり、医療券が配布される。

  3. 3,生活保護受給者の医療機関への入院
     
    福祉事務所に入院の相談する。
     その後、医療券が福祉事務所から出されるので、その医療券を持って、医療機関に入院する。
     医療券を持っていない場合、入院時に生活保護受給者証を提示すると入院した医療機関から福祉事務所に連絡が入って、福祉事務所から医療機関に医療券が送られてくることが多い。


     

 医療券というのは、まあ、簡単に言えば、健康保険の保険証みたいなもの。

 健康保険の保険証の場合1割とか3割とかの自己負担を医療機関に払わなければいけないが、生活保護受給者の場合、医療機関で福祉事務所に生活保護受給者の入院費を請求する。

 生活保護受給者の中にも、健康保険に加入している人もいる。

 例えば、多少の収入があるが生活保護を一部減額して受けている人など。

 この場合の保険料や医療費の負担については、また後日。

福祉事務所一覧 
 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)