バイクや高齢歩行者には気をつけようね

 

 今日は、最近、管理人の身近であった交通事故の話をおひとつ。

 ある雪の日、バイクに乗った老人と自動車が接触した。

 で、その後老人、頭を打って、寝たきりになっちまったんだ。

 どちらに事故の責任が重いのかは、はっきりしていない。

 が、その老人の入院費や介護施設の費用は全部相手の自動車保険から出されることになった。

 ま、老人や家族にしてみれば、相手が任意保険に入っていてくれたのが幸い。

 自賠責でもお金は出るが無制限に入院費が出るわけでもないし。

 とはいえ、後遺症で寝たきりになったんだから、4000万円まで自賠責でも保障されるのか。

 4000万円っていったら大きい。

 はっきり言って、その後老人は、事故にあわなくてもいずれ、ぼけるか寝たきりになって、入院→介護施設って言う流れだったんだろうと思う。

 事故にあって、その費用は自動車保険の保険金から出るわけだ。

 アンラッキーだけど、考えようによってはラッキー。

 え?ひどい?

 でもさ、冬の新潟で雪降ってるさなか、老人がバイクに乗るなんて、論外だ。

 非常識だし、ぼけているとしか考えられない。

 でも、車とバイクじゃバイクのほうが被害が大きいに決まってる・・・。

 相手方もある意味被害者。

 車の運転手の皆さん、くれぐれもバイクは気をつけようね。

 あと、ふらふら歩いて、いきなり横断しようとする老人とか・・・、要注意だ。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)