無免許による事故での死傷事故の場合の被害者保障はどうなる?

 

  無免許による事故での死傷事故の場合の被害者保障はどうなるのか?

 無免許=自動車保険に入っていない。

 当然、自賠責保険にも任意保険にも加入していないと言うことだ。

 こんな場合、「政府保障事業制度」と呼ばれている国の制度での保障はある。

 保障の内容的には、自賠責保険と大体同じようなものだが、『保険金(保障金)の支払いに時間がかかる』、『保険のきかない自由診療は、治療費の一部しか支払われない』などの違いがある。 


 最近起こった、京都府亀岡市で集団登校中の児童らの列に無免許の少年が運転する軽乗用車が
突っ込み、10人が死傷した事故の場合、車自体は、借りていたもの。

 車を貸していた人間がいるわけで。

 特別な場合を除き、その貸した人の自賠責保険や任意の自動車保険から損害を補償することができる。

 もし、車を貸した人も自賠責保険に加入していなかった場合・・・。

 ある意味、盗難車とかでは無かったのは、多少の救いかも知れない。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)