代休と言うのは労働基準法にはないのだそうだ

 

 本来お休みの日に、出勤した場合の休日、どんな扱いになってる?

 代わりの日に休みをもらってる人もいるかもね。

 この『本来休みの日に休みが取れなかった場合に別の日にとる休日』振り替え休日とか、代休とか言う。

 が、この振り替え休日と代休状況によって、違うって知ってる?


振り替え休日

・休日の前日までに、振替日を指定。

・休日に働いた分は時間外勤務の対象にはならない。
 


代休

・急な用件で、休日当日になって仕事を命じた場合・前もっての休日の振り替えができなかった場合

・休日に働いた分は時間外勤務として、会社には所定の手当を支払う義務が生じる。 
 
 たとえば、7月1日が本来の休日だったが、7月1日に8時間仕事をして、7月30日に代休をとった場合
→8時間分の時間外勤務手当ての支給が必要

・労働基準法上代休と言う制度は無い。


 代休に関しては、労働基準法上制度として認められていない。

 労働基準法にあるのは、『休日割増賃金の支払い』の規定。

 なので、法律的に、代休を与える義務はない。

 が、代休を与えたからと言って、休日労働をさせたことは変わらない。

 ので、本来なら、代休を与えても与えなくても休日割増賃金の支払い義務はあるのだそうだ。

 微妙な話である・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)