休憩時間ちゃんと取れてる?

 

 休憩時間はちゃんと労働基準法に決められている労働者の権利。

 休憩時間を与えなかった場合、罰則の規程もある。

 ちょっと、休憩時間に関して勉強して見よう。


休憩時間とは何か?

 休憩時間とは、労働者の権利として労働から離れることが保障されている時間をいう。
 (労働基準法第34条)

 ・休憩時間は労働時間の途中で与える。勤務前や勤務終了後に与えるのは違法。

 ・休憩時間は一斉に与える(例外はある)

 ・休憩時間は「自由」。
 事務所から出てはいけない」とか、「食堂に居るように」、などと拘束するような状態は休憩とはならない。

 ただし、休憩時間中の外出に対して許可を受けさせることは、必ずしも違法とはならない。


休憩時間を与えなくても良いとされる職業

・運輸及び郵便の事業に利用される者のうち列車、自動車、航空機等の運転手、車掌、給仕等の乗務員であって長距離にわたり継続して乗務する者。

・屋内勤務者30人未満の郵便局において郵便、電信又は電話の業務に従事する者


労働基準法に定められた休憩時間

 ・労働時間が6時間以下→休憩不要(与えてもいい)

 ・労働時間が6時間超、8時間以下→45分以上の休憩
 

 ・労働時間が8時間超→1時間以上の休憩

*労働時間は実働の時間。会社の決めた所定時間ではない。


罰則

 法定の休憩を与えなかった場合や一斉に与えず若しくは自由に利用させなかった場合には、使用者に対し、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金。


 ま、こんな感じで、労働基準法で定めだれている。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)