遺族基礎年金、父子家庭にも支給されるかも

 

 年金制度は、専業主婦が一番お得。と言う話、前も書いたなあ。
 専業主婦の年金保険料は『夫が払っているとみなす(ただし、実際の保険料は夫が負担しているわけではない)』。
 遺族年金は夫の受給は厳しく、妻には優しい

 が、少しだけ、遺族年金の制度が変わるかもしれない。

 『これまで夫と死別した妻のみが受給対象だった遺族基礎年金を法施行日以降、妻を亡くした夫にも広げる。 原案通り成立すれば施行は2014年4月になる見通し。』

 という。

 ここで収まらないのは、法案の常。

 東日本大震災の父子家庭が怒っている。

 遺族年金の制度改革が行われたとしても、施行は2014年以降に父子家庭になった世帯が対象。
 東日本大震災で、父子家庭になってしまった世帯は対象外。

 ・・・、ある意味仕方ないかも。

 だって、それで、特例を設けたら、神戸の震災などで父子家庭になった人たちはどうなるの?と言う話も出てくるし。
 切り無いもんなあ。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)