カードも通帳も無くても引き出しのできる銀行ATMが登場する

 

  全国で始めての手のひら承認のATMサービスが始まる。
大垣共立銀行の提供するサービスで、他の生体承認と違う部分がいくつか。

 大きな違いは、通帳もカードも無くても預金の引き出しができると言うこと。

 今でも生体承認を取り入れている金融機関は、あるようだが、ICチップ内蔵カードに生体承認の情報を入れてある。

 ということで、利用にカードは必要。

 大垣共立銀行の手のひら承認は、これとはまったく違っていて、事前に登録した手のひらの情報は、銀行の本部に保管され、其処に照会する形。

 また、暗証番号+カードでも取引できるようにするとのこと。

 大垣共立銀行が今回のような『通帳レス』『カードレス』のシステムを採用したのは、『東日本大震災』がきっかけだそうだ。

 津波で、カードや通帳や印鑑をなくしてしまい、預金の引き出しがなかなか難しかったと言う事例を踏まえて、取り入れたもの。

 他の全部の銀行やコンビニATMで使えるようになると、カードの紛失の心配がなくなるのになあ。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)