リフォーム費用は、経費か?減価償却か?

 

 不動産を人に貸す場合、購入時の諸費用などはどういうことになるのか?

 登記費用・不動産取得税などは経費。

 購入時の手数料、リフォーム費用などは購入価格に含めて減価償却する。

 では、購入時ではなく、不動産を事業用にして、途中でリフォームした場合は?


リフォーム費用が必要経費とみなされるもの

1、リフォーム代が20万円以下であること。
2、修繕周期が概ね3年以内であること。
3、当該リフォームが、明らかに「価値を高めるもの」または「耐久性を増すもの」に該当しないこと。

 以上3点のいずれかに該当すれば、リフォーム代は「経費」で計上できる。 


当該リフォームが、明らかに「価値を高めるもの」または「耐久性を増すもの」に該当しないこととは?

 当該リフォームが、明らかに「価値を高めるもの」または「耐久性を増すもの」に該当しないこと。

 判りにくいのが、この「価値を高めるもの」または「耐久性を増すもの」に該当するかどうか・・・。

 例えば、『もともと同じ状態に直す』場合は、減価償却ではなくて、必要経費で計上する。

 考えられる例としては、壁紙を張り替える・畳の交換をする・ユニットバスの交換・クーラーを交換修理するなどは単なる修繕費で、必要経費。

 部屋の間取りを変えるとか、壁をはがして耐震構造にするなどは減価償却の対象になる。

 と思う・・・。

 床を畳からフローリングにするとかも本来は減価償却の対象だと思うのだが、管理人以前の確定申告では、経費で計上しちまった。
 でも、特に何も言われなかったけど・・・。

 正確なところは、税務署にご相談・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)