住んでる家が生活資金になる社会福祉協議会の不動産担保型生活資金

 

 社会福祉協議会で行っている事業の一つに、生活資金の貸付事業と言うのがある。

 そのうちのひとつ、不動産担保型生活資金についての話を。


不動産担保型生活資金とは?

 自分の持っている土地や家を担保にすることで、生活資金の貸付を受けることができる制度。

 借り受けた高齢者の死亡時または融資期間終了時にその不動産を処分し返済する。

 「リバースモーゲージ」リバース=逆の、モーゲージ=住宅ローン。


不動産担保型生活資金の貸付条件

・借入申込者が単独で所有、あるいは同居の配偶者との共有する不動産に居住していること。

・不動産に貸借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されていないこと。

・配偶者またはその親以外の同居人がいないこと。かつ、世帯の構成員が原則として65歳以上であること。

・借入世帯が市町村税の非課税世帯または均等割課税世帯程度の低所得世帯であること。

・評価額は概ね1,500万円以上の居住用不動産(土地)の評価額の70%

・1月あたり30万円以内の額(臨時増額可能)を3ヶ月分ごとにまとめて貸付。

・年利3%または毎年4月1日時点の長期プライムレートのいずれか低い利率。

・居住する不動産に根抵当権等を設定

・推定相続人の中から連帯保証人1名を選任。


不動産担保型生活資金の問題点

 この不動産担保方生活資金、対象外になる不動産が多すぎる。

 
 『マンションなどの集合住宅』『居住していない不動産』『同じ敷地内に子供世帯の家が建っている場合』『2世帯住宅』『その土地に担保権が設定されている場合や賃借権を設定されている場合』は対象外。

 要するに、土地つき一戸建てのマイホームで単身又は高齢者夫婦のみの世帯の不動産が対象。

 ほんとに、ごく一部の人しか使えない・・・。

 これから、制度が変わっていくのかもしれないけど・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)