社会福祉協議会では、お金の管理も手伝ってくれる

 

 高齢になって、判断能力が鈍ってきたとか、金銭管理が難しくなってきたりした場合、まずは、地域の社会福祉協議会に相談するのがいいと思う。

 市町村の社会福祉協議会ではの地域福祉権利擁護事業・日常生活自立支援事業をいう事業を行っている。


地域福祉権利擁護事業(日常生活自立支援事業)の内容

・日常的金銭管理サービス

  公共料金の支払いや年金の払い戻しを手伝ってくれたり、日常の金銭管理を手伝ってくれる。

・書類などの預かりサービス

・福祉サービスの利用の相談・橋渡し


東京都某区の地域福祉権利擁護事業・日常生活自立支援事業の料金

 援助内容基本料金

福祉サービスの利用援助

(福祉サービスの利用に関する手続き等のお手伝い)

1回1時間につき1,000円

※1時間を超えた場合は、30分までごとに500円を加算

日常的金銭管理サービス

  (公共料金の支払い手続き、生活費の払戻しなどのお手伝い)

通帳を本人が保管する場合

1回1時間につき1,000円

※1時間を超えた場合は、30分までごとに500円を加算

通帳をお預かりする場合

1回1時間につき2,500円

※1時間を超えた場合は、30分までごとに500円を加算

書類等の預かりサービス

(預貯金の通帳などの大切な書類を保管するお手伝い)

1ヶ月1,000円

  地域福祉権利擁護事業・日常生活自立支援事業は本人と社会福祉協議会の間で契約を結び、その契約によって活動する。

 基本的には、ある程度自己判断できる間に、利用しておけば、地域の福祉につながっていく可能性が高い。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)