2012年からは、介護医療保険料控除が新設される

 

  生命保険や個人年金の所得税・住民税の控除額が2012年から変更される。

 住民税の場合は、2013年の住民税分からだけど。

 根本的に、2012年の所得で住民税も決定されるので、控除としては、2012年分の所得の申請から。


2012年分の税金控除の変更点

所得税

 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大5万円、合計で10万円まで。

 ・2012年→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大4万円、合計で12万円まで。


住民税

 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大3.5万円、合計で7万円まで。

 ・2012年の所得からの控除→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大2.8万円、合計7万円まで。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)