アパート・マンションでの変死に対応する、不動産オーナーのための損害保険

 

  以前、管理人の同僚が住んでいたアパートでなくなっていたことがあった。

 まだ、40代だったんだけどね。

 仕事に出てこないので、同僚が様子を見に行って、管理人に鍵を開けてもらったら、布団の中で死んでたそうだ。

 自殺か、はたまた病死かはいまだ不明。

 不動産貸してる人間にとって、一番やなパターンだ。

 こういう場合の保険があるそうで。

 エース損害保険「オーナーズ・セーフティ」。

 この場合、家賃6万円の30平方メートル以下の住宅で、原状回復費100万円に空室期間中の家賃保証などを行う場合、保険料年額3350円。

 この値段で、この保障なら、かけておいたほうが利巧じゃないかと思っている。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)