21・22年度のデーターから取り込まれるもの

 

  21・22年度の確定申告データーを取り込んだ場合、全部のデーターが取り込まれるわけではない。

 さて、どんなデーターが取り込まれるかと言うと。


 21・22年度確定申告のデーターから取り込まれる項目

1、収支内訳書
 
 ・申告者の住所氏名、連絡先

 ・減価償却の項目(減価償却する月数は自分で選ぶ)。

 ・不動産の収支内訳書の場合、借りている人の名前や住所。

2、確定申告書

 ・申告者の住所氏名、連絡先

 ・給与所得がある場合は、支払い先の名前、住所。

 ・配当金をもらった企業の住所など

 
 他にも取り込まれる項目はあるのかも知れないけど、ちょっとわかんない。

 損益通算される項目などは取り込まれているかも。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)