21・22年度確定申告コーナーのデータの取り込み方

 

 やっと、自分の確定申告にかかり始めた管理人。

 今回は、給与所得・不動産所得・事業所得・配当所得で申告します。

 前年度の不動産所得などのデーターはあるんだけど、今年は、個人承認の期限が切れたので、計算印刷だけして、税務署に持っていこうかと思っている。

 
 昨年度のデーターがあるので其れを利用しよう。


 昨年度のデーターの取り込み方。

1、確定申告書等作成コーナー をクリック。

2、『21・22年度のデーター利用』をクリック。
21・22年度データの利用

3、電子送信するか書面提出するか選択画面が出てくる。

 選択して、クリック。

 その後は、パソコンの環境設定の確認画面が出てくるので、全部チェックして、『入力終了(次へ)』をクリック。

4、作る書類を選択する画面が出てくるので、作りたい書類のリンクをクリック。

*今年は、収支内訳書から作っても、確定申告用紙から作ってもリンクするようになっている。

5、利用データを選ぶ画面が出てくるので、前年度のデーターを選択して『参照』をクリック。
データ選択

*保存データーは、昨年のデータ保存時に名前の変更をしていなければ『22年所得申告及び決算書等データ.data』に入ってるので、其れを選択。

6、保存データーを読み込むをクリックすると前年度のデーターが取り込まれる。


  取り込まれるデーターは、全部じゃないので要注意。

 とはいえ、住所などは取り込んでくれるので、変わってなければ、手間は省ける。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)