変動所得は、雑所得・事業所得に含まれる

 

 変動所得?また聞きなれれない言葉が出てきた。

 ナンですか其れ?


変動所得とは?
 
 ・漁獲から生ずる所得

 はまち、まだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝若しくは真珠(真珠貝を含む)の養殖から生ずる所得、のりの採取から生ずる所得。

 ・原稿又は作曲の報酬による所得。

 ・著作権の使用料による所得

 要するに、儲かるときはものすごく儲かるけど、儲からないときは、まったく儲からないって所得。

 所得の区分としては、事業所得または雑所得になる。


変動所得になると?

 平均課税が適応になる。

 多い年も少ない年も平均して税金が課されるので、節税になる場合が多い。


平均課税の条件

 『その年分の変動所得の金額が前年分と前々年分の変動所得の合計額の2分の1に相当する金額を超え、その年分の変動所得と臨時所得の各金額の合計額がその年分の総所得金額の100分の20以上であること』

 税務署で申請用紙をもらってくる必要がある。

 国税庁のHPでもダウンロードできるが計算が面倒と言う話なので、税務署にご相談を。
 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)