白色申告でも3年間繰越OK純損失と雑損失

 

 純損失と雑損失、似ているようでちょっと違うこの二つ。

 ちょっと解説すると。


 純損失と雑損失の共通点

・翌年以後損失を3年間繰り越せる

 なぜ損失を繰り越すことができるかと言うと

 『その損失の発生による担税力の低下が長期に及ぶことから翌年以降への損失の繰越し、つまり、翌年の所得から差し引くことを認めている。

 損失の繰越と言うと、青色申告にしか認められていないような認識があるが(管理人はそうだった)白色申告にも3年間の繰越が認められている。

 ただし、繰越のできる内容がちょっと違う。


白色申告の場合の純損失と雑損失

白色申告の場合の純損失

・不動産所得・事業所得・山林所得・譲渡所得の損失を損益通算しても控除しきれない部分のうちの変動所得と被災事業用資産の損失部分

白色申告の場合の雑損失

・災害・盗難・横領により資産(生活に通常必要でない資産、棚卸資産など一定のものは除く)に損害を受けた場合の損失(自身だけでなく生計を一にする親族の資産も含む)で、その年の所得から控除できない部分。

 要するに

・純損失=事業用資産。

・雑損失=生活必需品の資産。


青色申告の純損失と白色申告の純損失の違い

・白色申告の場合、損失の原因が災害・変動所得に限定されている。


純損失と雑損失以外にも繰越のできる損失としては、居住用財産の譲渡損失なんてのもあるが、こちらは、いろいろと条件がまた別につく。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)