東日本大震災の被害があった人は、税務署で相談しながら申告書を作ったほうが良いかも

 

 e-Taxで今年初めて、確定申告の電子申告に挑戦しようって人。

 今年のe-Tax(電子申告)の電子申告控除は4000円。

 来年は減額される予定だから、できれば、今年の確定申告からe-Tax(電子申告)二兆戦したいところだが・・・。

 東日本大震災で、被害を受けた人は、e-Tax(電子申告)は見合わせたほうが良いかもしれない。

 と言うのは、東日本大震災の被害に関しては、所得税上の特例処置がいくつか講じられていて、ちょっとややこしいのだ。

 事業所得の損失については、e-Tax(電子申告)でも書面が作れる(でも、ちょっと面倒)。

 でも、住宅などの損害についてはさらに面倒。

 税務署に直接行って、指導を受けながら、申告書の作成をしたほうが無難かもしれない。

 管理人は、実家のほうで農機具に被害が出たので、その申告書は、確定申告コーナーで作成した。

 が、印刷だけして、3月15日に税務署に計算があっているかどうか、確認に行く予定。

 電子申告控除にしたい人も、税務署で作って、其れを利用して、自宅で入力して送信するのが良いかも。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)