収支内訳書の印刷をしてみよう

 

 収支内訳書の印刷をしてみよう。


確定申告作成コーナーの利用に関する過去記事

1、国税庁確定申告コーナーを信頼済みサイトに登録する方法はこちら

2、確定申告コーナーから、必要書類を選ぶところまではこちら

3、申告書等作成データの保存の仕方はこちら

4、一時保存したデータを開いて、確定申告の作成を続ける方法はこちら

5、収支内訳書の選択はこちら

6、減価償却と耐用年数一覧

7、平成19年以前と以後の償却方法の違いについてはこちら

8、減価償却の計算と償却率


収支内訳書の印刷の仕方

1、確定申告作成コーナーで収支内訳書の計算が済んだら、『入力終了(次へ)』をクリックすると、帳票選択(収支内訳書一覧)へ戻るので、修正する人は『修正』ボタンをクリック。

2、入力を終える人は、『入力終了(次へ)』をクリックすると「所得金額の確認」画面が出てくるので、『次へ』をクリック。

3、画面以降で住所や氏名の入力画面が出てくる。

4、入力が必要な人は、それぞれの項目を入力して『入力終了(次へ)』をクリック。

5、決算書・収支内訳書の印刷画面が出てきます。

6、『印刷画面の表示』をクリック。

7、別ウインドウで印刷用の画面が出てくるので『ファイル』→『印刷』を選択する。

8、プリンターのボタンを押しても印刷できる。

9、印刷場面をウインドウの右端の×印をクリックして、閉じる。

10、「決算書・収支内訳書の印刷」画面の一番したの『印刷終了』ボタンをクリック。

11、「作成後の確認事項」の画面が出てくるので『次へ』をクリック。

12、データーの保存をクリック。

収支内訳書の入力・印刷終了後の画面

13、続けて、所得税の確定申告書を作成することもできる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)