アルバイト収入・給与か報酬か?会社に副業がばれるかどうか決まるかも

 

 主に給与をもらう会社以外でアルバイトをして副収入のある人。

 その副収入は『給与』ですか?それとも『報酬』ですか?

 これ、確定申告や住民税の支払いの時に大変重要。

 給与だと、市町村によっては住民税が『普通徴収』にできず、会社に副業がばれる心配がある。

 報酬の場合、住民税は普通徴収にできるので会社に副業がばれる心配が無い。


バイト先の契約書を確認しましょう

 給与となるか、報酬となるかは、簡単に言えば『契約書が雇用契約になっているか、請負契約になっているか』による。

・雇用契約→給与

・請負契約→報酬


税金上の扱い

・給与→雇用契約→給与所得

・報酬→請負契約→個人事業の開業届出を出して、税務署などが認めてくれれば、事業所得。
           →開業届けを出していなければ雑所得。

 雑所得は給与所得と通算できないが必要経費は認められる。

 事業所得になれば、控除の特例があったりする。


 アルバイトをする場合、事前に『報酬』か『給与』か確認しておいたほうが良いかも。

 会社以外のアルバイト収入の場合、報酬のほうが面倒が少ないような気がする。

 が、報酬の場合は、交通費が出なかったりするので、そこら辺はご注意。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)