月々の所得税は、概算で取られている

 

  『所得税が控除される項目もないし、毎月給料から、所得税が引かれているのに、いまさら、どうして確定申告や年末調整が必要なの?』と思う人。

 でも、きちんと所得税の申告をすると、思いのほかたくさん税金が還ってくるかも。


なぜ、確定申告や年末調整が必要か?

 実は、毎月給料から差し引かれている所得税は、『月額表………所得税法別表第二』から概算で求められている。

 大体、この月額表による毎月の所得税は、ちょっと大目のことが多い。

 また、基準になる収入金額が月額表の間にある場合とかの場合、本当に大雑把な税金が差し引かれてることもある。

 管理人の会社の場合、毎月の給料計算はアウトソーシングで、総務でも計算方法がよくわからないと言う状態。

 だから、きちんと年末調整や確定申告で年間の所得を確定しないと、それだけでも損をする羽目に。

 年末調整や確定申告の税務情報は、そのまま、市町村へ送られ、来年からとられる住民税の情報として使われる。

 だから、年末調整や確定申告をきちんとしないってことは、その年の所得税だけでなく、よく年度からの住民税も多めに取られることに。

 特に、年度の途中で職場を退職して再就職しなかったような人は要注意。

 確定申告しないと大目の税金をとられたままと言うことになる。

 さらには、来年とられることになる住民税も高めにとられると・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)