学資保険の会社がつぶれたときには?

 

 学資保険の保険会社が破綻したら・・・。

 最近の社会情勢では、万が一のことが無いとは限らない。

 ましてや、学資保険は満期まで長いんだから。


 学資保険の保険会社が破綻したらどうなるか?

 契約は別の保険会社などに引き継がれる。

 「生命保険契約者保護機構」が責任準備金(将来の保険金などの支払を確実に行うために積立てられる金額)の90%まで保護してくれる。

 ただし、責任準備金の保護が90%だからと言って、積み立てた保険料・満期金の90%まで保護されるわけでは無いのが味噌。

 「予定利率」が何%だったかとか、満期までの期間などによって、同じ保険でもそれぞれ違ってきてしまう。

 最終的には、つぶれた後で無いと、どのくらい満期金がもらえるかはわからない。

 貯蓄型の商品ほど、この影響は大きい。

 と言うわけで、学資保険ですべての教育費を準備しておこうとするのは、リスクが大きくなる。

 保険だけでなく、銀行の定期預金など分散して用意しておいたほうが安心感があると思う。

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)