ATMで振り込み手数料が無料・みずほ銀行

 

 ATMからの他行振込み手数料無料になる銀行なんてのもある。

 大和ネクスト銀行や住信SBIネット銀行の振り込み手数料無料特典は、インターネットバンキングからの振込みが条件。

 世の中には『インターネットバンキングでの振り込みは不安』って人もたくさんいる。

 今回はATMからの振り込み手数料が無料になるみずほ銀行のサービスをご紹介したいと思う。

 残念ながら、みずほ銀行の場合、無条件で特典を受けられると言うものではない。

 でも、意外と特典を受けるためのハードルが低いのだ。

 ちなみにこの記事は2012年にも一回投稿している。

 が、最近調べたところ、多少条件が変わっているようなのでちょっと書き直した。

[スポンサーリンク]

月一回みずほ銀行の他行振込手数料無料条件

1、みずほ銀行ATM、イオン銀行ATM、みずほダイレクト(インターネットバンキング)からの振込みであること

2、みずほマイレージクラブへの加入。

3、以下の条件のいずれかを満たすこと。

1)各種預金[円預金(普通〔無利息型を除く〕・貯蓄・定期・財形〔財形預金プラスを除く〕)、外貨預金(普通・定期)、投資信託、金融債、公共債などの月末合計残高が50万円以上あること。

2)みずほ銀行・みずほ証券のNISA口座開設。

 1、2の条件は絶対条件。

 +1)または2)の条件を満たすと、他行宛振込み手数料がつき1回無料になる。

 都銀のサービスとしては、割と庶民的だ。

 マイレージクラブへの加入は、無料なので、みずほ銀行を利用する人はぜひとも加入したほうがいい。

月4回みずほ銀行の他行振込手数料無料条件

1、みずほ銀行ATM、イオン銀行ATM、みずほダイレクト(インターネットバンキング)からの振込みであること

2、みずほマイレージクラブへの加入。

3、以下の条件のいずれかを満たすこと。

1)みずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券の資産運用商品(投資信託[MMF・MRFを除く]・金銭信託・外貨預金[
特約付き定期預金を含む]・公共債・株式など)の月末残高がある。

2)みずほ銀行のお借り入れ(住宅ローン・カードローンなど)の月末残高がある。

3)みずほ銀行・みずほ信託銀行の各種預金(円預金[普通〔無利息型を除く〕・貯蓄・定期・財形]など)の月末合計残高および、みずほ銀行・みずほ証券のMMF・MRFの月末合計残高が500万円以上。

 1、2は絶対条件。

 その上で、1)、2)、3)のいずれかの条件を満たしている場合、つき4回他行宛振込み手数料が無料になる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)