『引き落としや引き出しようの銀行』と『貯めるための銀行』は分けたほうが貯蓄には合理的

 

  明けましておめでとう。

 一年の計は元旦にあり。

 というわけで、早速、どうやったら、貯蓄できるようになるか?

 管理人思うに、銀行は複数の銀行を使かったほうが貯蓄がしやすいと思う。

 管理人の場合、メインの銀行は3つ(3種類)ある。

 1、給料振込みのための銀行。

 2、引き落とし専用の銀行。

 3、貯めるための銀行。


1、の給料振込みのための銀行は、会社の指定の銀行だ。

 給与振込み以外には使っていない。

 2、引き落とし専用の銀行は、公共料金や税金・クレジットカードの引き落としのための銀行。

 普通預金の口座の残金が足りなくて、引き落としができなくなったりしないように、定期預金をセットにした総合通帳にしてある。

 3、貯めるための銀行は、定期預金作成のための定期預金口座と、現金が必要になったときのための普通預金口座。

 で、2・3の銀行に関しては、インターネットバンキングの手続きをしてある。


 どうやって使い分けているかというと

 ・給料日前日→ネットバンキングで、2の銀行の前月分の引き落とし総額を確認する。

 ・給料日→2の銀行口座に前月分の引き落とし総額分を入金(千円以下は切り上げにしている)。

 残りの給料は3の銀行口座にすべて移し変える。

 その日のうちに、2の銀行にネットバンキングにログインして、普通預金に10万円だけ残して、他は定期預金を作る。 

 こういう『日常生活に使う銀行口座』と『貯蓄のための銀行口座』を使い分ける方法は、いつの間にやら、管理人の金銭管理の方法として定着しているのだが。

 
 この間、お金の専門家のウエブでも、紹介されたりしているのを発見。

 いわく

 『給与が入ってくる口座と、生活にかかるお金をやりくりする口座を同一にすると、手間もかからず楽ちんかもしれません。自分の資産も簡単に把握できます。ただし、その口座を利用してお金を貯めるのは実は困難なのです。
1つのみの口座を利用して生活費をおろしていくとなると、必然的に貯金は“残し貯め”、つまり「後取り貯蓄」になります。後取り貯蓄は、よっぽど強い意志がないと貯まりにくいものです。「毎月5万円貯める」と決めていても、自由に出し入れできる口座にそのお金が残っていたら、給料日前で家計が苦しいときなどは、使ってしまいたくなるでしょう。』 

とのこと。

 最低でも『引き落としや引き出しようの銀行』と『貯めるための銀行』は分けたほうが貯蓄には合理的なようだ。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)