生活保護受給者の場合、介護保険の保険料も実質的にはゼロ

 

 
今回は、介護保険料と生活保護との関係について。

 以前にも『生活保護受給者は実質的な、介護保険料はゼロ』という話をかいた。

 介護保険制度のことをちょっと復習すると

 介護保険の財源→税金と介護保険料+自己負担1割

*40歳以上65歳未満の医療保険加入者=第2号被保険者→健康保険から介護保険料を取られる。

*65歳以上の人=第1号被保険者

→年金受給者(老齢、退職年金や障害年金や遺族年金を1年間に18万円以上もらっている人)の場合、年金から介護保険料を天引きされる「特別徴収」

→年金から天引きできない場合、普通徴収で、直接市町村に介護保険料を納める。

 で、生活保護受給者の場合、どうなっているのかというと・・・。

 生活保護受給者の介護保険料はどうなっているか?
 年齢収入がある収入がない
 40歳以上65歳未満・働いていて、収入があり、医療保険に加入している場合、健康保険から介護保険を収める。

・健康保険の保険料は、必要経費となり、生活保護認定の収入から控除される。

・サービスは、自己負担分1割が生活保護の介護扶助から支払われる。 

・介護保険料は払わなくていい。

・サービスは全額生活保護の介護扶助による給付となる。

 65歳以上の人 老齢、退職年金や障害年金や遺族年金を1年間に18万円以上もらっている人

・年金から介護保険料を払う。

・介護保険の保険料は、必要経費となり、生活保護認定の収入から控除される。

・サービスは、自己負担分1割が生活保護の介護扶助から支払われる。

 老齢、退職年金・障害年金・遺族年金の金額が1年間に18万円に満たない人

・生活扶助から、介護保険料を払う(実際には、福祉事務所が直接市町村へ介護保険料を支払うことが多い)。

・サービスは全額生活保護の介護扶助による給付となる。

 というわけで、生活保護受給者の場合、介護保険料もサービスの自己負担も実質的にはゼロになっている。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)