家や土地を売ったとき

 

  年内に、不動産を売った人、税金はどうなる?

 不動産などを売って、もらった収入は譲渡所得として課税される。

 じゃあ、この譲渡所得、どのように計算するのかというと・・・。

 譲渡所得の計算

 土地や建物を売った金額-(取得費+譲渡費用)=譲渡所得

 取得費とは? 

 ・売った土地や建物を買い入れたときの購入代金(建物の取得費は、所有期間中の減価償却費相当額を差し引いて計算)や、購入手数料などの資産の取得に要した金額に、その後支出した改良費、設備費を加えた合計額。

 ・土地や建物の取得費が分からなかったり、取得費が譲渡価額の5%よりも少ないときは、譲渡価額の5%を取得費(概算取得費)とする。

 譲渡費用とは? 

 ・土地や建物を売るために支出した費用。

 ・仲介手数料、測量費、売買契約書の印紙代、売却するときに借家人などに支払った立退料、建物を取り壊して土地を売るときの取壊し費用など。

 

 うーん、いまどき、買ったときより値段が下がってる不動産って、たくさんありそう。

 それに、設備とかの領収書なんて、保存してないって家が多いかも・・・。

 何でも、領収書って捨てちゃいけないんだな。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)