住宅ローンは25%って本とかな?

 

 住宅ローンって、幾らくらいまでが妥当なんだろう。

 大体、25%くらいまでなら、妥当な線だというよね。

 でも、社会保険料、改正毎に徴収される金額が上がってるんだよね。

 管理人がマンションを買った時、銀行から言われたのが『手取り年収の4倍。』

 25年ローンなら、大体、手取りの25%がローンの返済額になる(とてつもなく大雑把な計算だけど)。


 でも、本当の問題は、年収の何%まで、住宅ローンが組めるとかいう問題じゃない。

 『何%までのローンなら、生活が成り立つかどうか』ってことだ。

 大雑把に社会保険料が大体30%位だから、手取りで、年間給与が、そう支給額の70%。

 年収400万で、手取りが大体年間280万

 280万を12ヶ月で割ると月23万。

 ローン25%を払うと、月17万円から18万が生活費になる。

 さて、あなたは、月17万で、生活できるかな?

 夫婦2人なら、何とかなるかも。

 一説によると、『大人1人当たり月の生活費として7万円』ということだから、2人なら14万だもんね。

 もっとも、『大人1人当たり月の生活費として7万円』というのは、あくまで、一説。

 各家庭によって、必要な生活費って違うからね。

 一度、きちんと家計簿をつけて、自分の家庭の生活費を把握すべきですな。

 一方、年収400万で、ローン支払額が手取りの25%というと、金融機関から固定金利3%で35年の住宅ローンを組むと、借入可能額は1507万円になる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)