特別障害者の控除トータルは、22歳未満以外は変わらず

 

   今日は、『特別障害者に対する控除は増えたの減ったの?』の続きだ。

 税務署へ行って、直接聴いてきた!

 答えは・・・。

 16歳未満・16歳から22歳の特別障害者に対するトータルの控除額は減った。

 が、他の年齢層の特別障害者に対する所得税の控除は、トータルで変わっていないそうだ。

 配偶者控除・扶養控除 特別障害者控除 控除額の合計 
70歳未満の同居配偶者が特別障害者  配偶者控除38万 75万 113万 
70歳以上の同居配偶者が特別障害者 配偶者控除48万 75万  123万 
    
6歳未満の同居扶養家族が特別障害者 扶養控除0 75万  75万  
16歳以上19歳未満・23歳~69歳の同居扶養親族が特別障害者 扶養控除38万 75万 113万  
    
19歳~22歳の扶養親族が同居特別障害者 扶養控除63万 75万 138万 
70歳以上の扶養親族(直系尊属以外)が 同居特別障害者 扶養控除48万 75万 123万 
70歳以上の扶養親族(直系尊属)が 同居特別障害者 扶養控除58万 75万 133万 
    
6歳未満の別居扶養家族が特別障害者 扶養控除0 40万 40万  
19歳~22歳の扶養親族が別居特別障害者  扶養控除63万 40万  103万 
16歳以上19歳未満・23歳~69歳の別居扶養親族が特別障害者  扶養控除38万 40万  78万 
70歳以上の扶養親族(直系尊属以外)が 別居特別障害者 扶養控除48万 40万  88万 
70歳以上の扶養親族(直系尊属)が 別居特別障害者 扶養控除48万 40万  88万 

 こんな感じ・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)