控除の額は所得税と住民税では違うのです

 

  所得税と住民税、控除される項目は同じでも、控除額は違う・・・。

 そのため、所得税で所得がゼロでも、住民税では、所得がゼロにならず課税されることもあるわけ。

  所得税住民税 24年度からの課税分
 基礎控除38万 33万
 配偶者控除70歳未満→ 38万円

70歳以上→48万円

70歳未満→33万円

70歳以上→38万円

 扶養控除16歳未満の扶養親族→廃止  

16歳以上19歳未満の扶養親族→38万円

19歳以上23歳未満の扶養親族→63万円

同居老親等以外の70歳以上の老人扶養親族→48万円

同居老親等の70歳以上の老人扶養親族→58万円

16歳未満の扶養親族→廃止

16歳以上19歳未満の扶養親族→33万

19歳以上23歳未満の扶養親族→45万

同居老親等以外の70歳以上の老人扶養親族→38 万

同居老親等の70歳以上の老人扶養親族→45万

 他にも、障害者控除・寄付金控除・寡婦控除・配当などの控除・住宅ローンの控除額などみんな違う。

 大体は、所得税の控除額より、住民税の控除額のほうが少なくなっている。

 というわけで、所得税上の所得がゼロでも、住民税の所得割合の所得には引っかかって、住民税はとられてしまう場合が多い・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)