先進医療とは、どんなものを言う?

 

 民間の医療保険でよくCMされている『先進医療の技術料も保障します』。

 この、先進医療って、一体何なのかな?

 実態がわかってる人どれくらいいるのだろう?

 

 先進医療の定義

 ・健康保険の診療で認められている一般の医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働大臣から承認された医療行為。

 ・将来、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養。

 ・先進医療の部分は、全額自費負担。

 ・先進医療の部分は、高額療養費は使えない。

 ・先進医療で支払った医療費は確定申告の医療費控除の対象になる。

 なるほど、先進医療というのは、厚生労働省が決めているわけだ。

 そして、もしかすると、将来、公的健康保険の保険診療として認められるかもしれないということ。

 では、その具体的な内容は?

先進医療の種類
技術名 一覧
(調査時期)
平成17年6月1日~平成18年6月30日
平均
技術料
平均
入院期間
年間
実施件数
子宮頸部前がん病変のHPV-DNA診断12,200円134件
エキシマレーザーによる治療的角膜切除術163,100円2.7日9件
骨髄細胞移植による血管新生療法230,394円60.3日37件
腹腔鏡下肝部分切除術246,674円25.0日9件
インプラント義歯589,683円3.8日485件
自己腫瘍(組織)を用いた活性化
自己リンパ球移入療法
623,094円12.0日152件
HLA抗原不一致血縁ドナーからの
CD34陽性造血幹細胞移植
1,221,400円153.6日5件
エキシマレーザー冠動脈形成術1,855,995円17.3日55件
脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術2,016,400円56.6日18件
悪性腫瘍に対する粒子線治療2,851,409円31.4日533件
固形がんに対する重粒子線治療3,107,095円33.2日453件
厚生労働省「第16回先進医療専門家会議資料 平成18年度実態調査」
「先進医療を実施している医療機関の一覧(平成20年6月1日現在)」より

 で、この、先進医療を行っている医療機関だが、厚生労働省の許可がやはり必要。

 病院側で、勝手に、『今日から、先進医療を行う』というわけには行かないようだ。

 医師の数や経験年数など、一定の基準が設けられている。

 最新の先進医療実施医療機関はこちらの厚生労働省HPへどうぞ

 と、先進医療の内容がわかったところで、気になるのは、民間の『先進医療を保障する医療保険』に入ったほうが得かという問題。

 先進医療を保障する医療保険の場合、医療保険本体に『先進医療特約』というものをプラスする方式が多い。

 で、この、先進医療特約、金額的にはつけたところで、保険料は月100円程度上がるだけ。

 なので、心配性な人は、付けておいたほうが安心かも。

 ただし、注意すべき点もある。
 

 先進医療特約で注意すべき点

・保障される先進医療の内容

→インプラントなどは保障外の保険が多い。

→現在、先進医療とされている項目が、将来、公的健康保険の給付になる可能性もある。

→現在、先進医療とされていて、保険会社が保障している項目が、将来も厚生労働省の『先進医療』とされているかどうかは、その時点にならないとわからない。

・先進医療を行うことができる医療機関は限られている。

→都心に住んでいて、医療機関が選択できる環境ならば良いが、地方に住んでいる場合、そもそも先進医療を受けれる病院が近くにない。

→あちこちの病院などで、先進医療と現在呼ばれている治療を受けられるようになるころには、健康保険の給付適応になっている可能性もある。

・年間200万円の医療費(先進医療や健康保険の自負負担分も含めて)は、確定申告の医療費控除で控除される。

→民間の医療保険などからの給付があった場合は、その給付を差し引いた額が控除される。

→実質的な、先進医療の負担額は、保険会社が言うほど高額にならない可能性も・・・。

 さあ、皆さん、どうする???

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)