ちょっと体調が悪いくらいなら、大病院より、小さいクリニックや病院のほうがお得

 

  『病気になったら、大きな病院にかかるのが安心ね』

 うーん、わからないではない。

 が、風邪とかちょっとしたことで、大きな病院に受診しても、時間がかかるばかりで・・・。

 風邪やインフルエンザくらいなら、クリニックとかの方早く見てもらえる・・・。

 かてて加えて、大病院より、クリニックなどの方が、診察代が安く○ケースが多いって知ってた?

 医療機関にもいろいろあって、ベット数によって、呼び方が違っている。

 そして、診察代もベット数によって違っているのだ。

医療機関 入院できるベットの数(患者数)など初診料
診療所 ベット数が19床以下の医療機関
クリニックとか医院 
2700円 (一般的な健康保険の対象者の自己負担は、2700円のうちの3割)
病院 ベット数20以上200未満 2700円 (一般的な健康保険の対象者の自己負担は、2700円のうちの3割)
病院 ベット数200以上 診療所・ベット数200未満の病院からの紹介状(診療情報提供書)がない場合 特別料金(保険外併用療養費・非紹介患者初診料加算)を取られる(緊急時以外)
非紹介患者初診料加算の額は、医療機関によって違うが、5000円を超えることも。

健康保険の給付対象となる初診料自己負担もとられる。

 さて、ここでの問題は、非紹介患者初診料加算の額と紹介状(診療情報提供書)のどちらが高いかって話だが。

 内容にもよるけど、一般的には、紹介状(診療情報提供書)の方が安いことが多い。

 紹介状(診療情報提供書)の場合は、大体、数百円から、千円前後というところ。

 どうして、こういうシステムなのかというと。

 ひとつには、大病院に患者を集中させないため。

 二つ目は、病院の機能分け・役割分担のため。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)