会社が雇用保険に加入していないと、どうなるか?

 

 失業したらもらえると思われている失業手当だが、会社が雇用保険に加入していないと、どうなるか?

 これは、ちゃんと、失業手当はもらえることになってる。

 ただし、『雇用保険の加入期間は2年間になってしまう』

 この、、『雇用保険の加入期間は2年間になってしまう』ということが、どういうことかというと、失業手当をもらえる期間が大幅に少なくなってしまう可能性があるということ(所定給付日数という)。

 例)自己都合退職の場合の雇用保険加入期間と失業手当の給付期間↓

 被保険者(雇用保険料を払っていた)であった期間1年未満1年以上5年未満5年以上10年未満10年以上20年未満20年以上
 30歳未満 90日   120日 150日
 30歳以上35歳未満     
 35歳以上45歳未満     
 45歳以上60歳未満     
 60歳以上65歳未満     

 これが、会社の都合による失業の場合は、もっと顕著に出てくる。

例)会社都合による離職・倒産などの時の雇用保険加入期間と失業手当の給付期間↓

 被保険者(雇用保険料を払っていた)であった期間1年未満1年以上5年未満5年以上10年未満10年以上20年未満20年以上
 30歳未満 90日  120日 180日 
 30歳以上35歳未満   180日 210日 240日
 35歳以上45歳未満   180日 240日 270日
 45歳以上60歳未満  180日 240日 270日 330日
 60歳以上65歳未満  150日 180日 210日 240日

*複数の会社に転職を繰り返している場合、途中に、給付を受けていない場合の年数。

*雇用保険も制度が改正されたりするので、正確なところは、ハローワークなどで確認。

 ほかにも、教育訓練の費用などが支給されなくなるなどの不利な状況に追い込まれることも。

 やだやだ!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)